落下傘候補 3


カテゴリ
たいとる
ブログ とりあえず/一覧 (20)



2004年7月
       
8

新着エントリ
どびの輔日誌 (7/23)
予想される反論 その2 (7/21)
予想される反論 (7/20)
バーニングが何故いけないのか? (7/18)
両班階級と広澤草 (7/15)
その4 (7/8)
落下傘候補 3 (7/8)
落下傘候補 その2 (7/8)
”落下傘候補”の戦略 (7/8)
eienさんへの返信 3 (7/6)
eienさんの最返信 2 (7/6)
eienさんへの再返信 (7/6)
聖子さんや明菜さんは  3 説明 (7/6)
続き というか・・ (7/5)
もしかして (7/5)
南野陽子さんは・・ (7/5)
聖子さんや明菜さんは・・その2 (7/5)
聖子さんや明菜さんは・・・ (7/5)
eienさんへの返信 その2 (7/4)
eienさんへの返信 (7/4)


アーカイブ
2004年 (20)
7月 (20)


アクセスカウンタ
今日:20
昨日:16
累計:177,812


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年07月08日(Thu)
< ”落下傘候補”の戦略 < 落下傘候補 その2 | 落下傘候補とは・・・/一覧 | その4 >  
落下傘候補 3

次に、今度はまったく逆のケースはどうでしょうか・・

ここに、
イメージはあまりよくなく
日本人のほとんど、一億人に
ネガティブイメージが広まっている役者がいたとします
しかし演技は秀逸で
一度でも、その人の演技を見た人たほとんどの人は
次から、その人の作品は絶対見ようとします。

以下は、前回のCMタレントのケースとだいたい同じです

変更点は、
ドラマを見ない理由が、出演者のネガティブイメージである
つまり、イメージが悪ければその人の出演作を見ない
こういった人が、一定の割合でいる。
これを追加しましょう。

彼女の出演作が放映されました
視聴率は、芳しくありません
しかし見た人のほとんどが、その人の演技に感心し
次からは、その人の作品を絶対見ようという気になります。
しかし、この人はイメージの悪さとは別に
演技の方は見る価値がある
この情報は、実際にドラマを見た人にしかわかりません。

次の作品がオンエア−されました
今度は、前回作で、この人のファンとなったひとが加算され
数字は、やや高めです
次の作品、また次の作品・・・


ということで

3%(300万人)
・・・4%
(前回の固定客300万人+たまたまこのドラマを見始めたもの100万)
・・5%(前回の固定客400万人+・・・)
・・100%
    (累積は、一人の人間が何回も見ているので
    述べ視聴人口は一億以上)

理論的には無限大まで伸びていきますが、
役者生命という、有限な時間との競争という問題もあります
また、メディアでの、”この人はうまい”という再評価の加算と
相変わらずマスコミに頻出する、ネガティブイメージの減算との兼ね合い
あるいはテレビ視聴率の限界、
人間の好みの多様性から考えると
すべての人間をとりこにし、
この人の作品を次から必ず見るという人間が100%という
ものすごい名優は、実質、この世に存在しないことから見て、
視聴率の上昇速度は、理論値より、遥かに緩やかであることが予測されます。
初期値の固定客300万は、明らかに多すぎです。

一億人全員に、ネガティブイメージを払拭するに値する
演技力のある人だ・・という情報が行き渡るのは
結構先のことになるでしょう。




もう少し修正してみます。


つづきます