eienさんへの返信 3


カテゴリ
たいとる
ブログ とりあえず/一覧 (20)



2004年7月
       
6

新着エントリ
どびの輔日誌 (7/23)
予想される反論 その2 (7/21)
予想される反論 (7/20)
バーニングが何故いけないのか? (7/18)
両班階級と広澤草 (7/15)
その4 (7/8)
落下傘候補 3 (7/8)
落下傘候補 その2 (7/8)
”落下傘候補”の戦略 (7/8)
eienさんへの返信 3 (7/6)
eienさんの最返信 2 (7/6)
eienさんへの再返信 (7/6)
聖子さんや明菜さんは  3 説明 (7/6)
続き というか・・ (7/5)
もしかして (7/5)
南野陽子さんは・・ (7/5)
聖子さんや明菜さんは・・その2 (7/5)
聖子さんや明菜さんは・・・ (7/5)
eienさんへの返信 その2 (7/4)
eienさんへの返信 (7/4)


アーカイブ
2004年 (20)
7月 (20)


アクセスカウンタ
今日:40
昨日:18
累計:175,336


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年07月06日(Tue)
< eienさんへの再返信 < eienさんの最返信 2 | eienさんへの再返信/一覧 |  
eienさんへの返信 3

というわけで、つづきなんですが・・


青少年をにやにやとか、芸能だの
わかりにくくなってきてしまったので
まず

貞淑さなどがウリとなりえる、
”青少年にやにや”とはいったい何じゃろな?


ということで、これは擬似的恋愛対象だの、
アイドル的存在などといえばわかりやすいかと思います。
これに一番近いのが、小説などの題材の人物でしょう。
小説の主人公のかっこよさ、清楚さ、
貞淑さにあこがれる・・これは正常でしょう


小説でもいえるのですから、
当然、戯曲にも当てはまります。
ということは、
芸能人たる役者が演じている役にも言えることです。

あくまでも演じているキャラですから、
本人が貞淑だろうとなかろうと
本人がそれらしく演じていれば問題ありません。
本当は貞淑でない人間が、
貞淑らしく演じられれば問題にならないが
貞淑な人間が、貞淑らしく演じることが
できなかったら、大問題です。


ここで、”境界の不明瞭さ”が出てくるというわけです。


本質的に貞淑である人間ならば、
あるいは貞淑な女として過ごしてきた経験が長ければ
貞淑な役は演じやすいと仮定します。
つまり、キャラクタ−に近い役者を
セットアップすれば、ベストだ・・


というわけで、女優の●●さん
今度の役は、貞淑な役に決まりました
ええい、仕事のためだ!
その女優は、キャラと遊離しないため、
浮気相手のエッチをがまんして夜な夜な悶々と・・



なわけないです。



それではプロの役者とはいえません。
普段浮気してようがエッチばっかりしてようが
舞台がはじまったとたん、ココロのチャンネル切り替えて
一瞬にして、その貞淑な役になりきる。それがプロです。


というか、板前や兵隊の役が決まるたんびに
割烹屋に弟子入りしたり、
自衛隊に体験入隊したりはできません。
役柄と同じくらい実体験などしたら、
人生何百年あっても、きりがないです。
映画俳優などは、よくそういった役作りをしますが・・
でも、長期間はできません。
たとえ実体験が乏しくとも、素の自分とはちがっていても
それらしく”なりきる”のがプロの役者です。



結婚のために大学中退を決意して
お前はいつもそうなんだ!とか
あまり稼がない男とつきあって
おまえはあの男にだまされてるんだ!
と田村正和演じる父に説教されたり
妊娠検査薬を見てあせったり
で、竹ノ内豊といっしょに、びくびくしながら
千葉真一演じる父に会いに行ったり



本人がこれを実体験するのは、ずっと後の話です。


ですから、そこに妙なリアリティーがあったとしても
また、将来、いかにもそうなりそうな
先天的資質、兆候がすでに本人にあったとしても、
あくまで”演技”というわけです。これが役者の仕事です。


お前、考えすぎだよ!と思わず突っ込みたくなる
危なそうな少年



本当にブルセラしてたんだから、
あの役を、うまく演じられるのは
あたりまえじゃないか、反則だよ!


貧乏でせつない薄幸の少女
本当に貧乏で・・・・
これも反則・・??


というわけで、私は
中村愛美さんや、窪塚氏を、
リップスティックという
限定された世界のなかではある程度評価していても
全般的な役者として、
100%評価しているわけではありません。
だって、ほとんど地なんですもの・・


反面、
どう考えても、地のキャラとしか思えない
”ストーカー的、偏執的恋愛しかできない少女”
”不幸な幼少時代を送った、幸薄い、かわいそうな少女”
これらを演じながら
他ドラマで、それ以外のキャラで
ある程度、成功しているあの二人は、
役者として評価できるというわけです。


つづきます