聖子さんや明菜さんは・・・


カテゴリ
たいとる
ブログ とりあえず/一覧 (20)



2017年10月
18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着エントリ
どびの輔日誌 (7/23)
予想される反論 その2 (7/21)
予想される反論 (7/20)
バーニングが何故いけないのか? (7/18)
両班階級と広澤草 (7/15)
その4 (7/8)
落下傘候補 3 (7/8)
落下傘候補 その2 (7/8)
”落下傘候補”の戦略 (7/8)
eienさんへの返信 3 (7/6)
eienさんの最返信 2 (7/6)
eienさんへの再返信 (7/6)
聖子さんや明菜さんは  3 説明 (7/6)
続き というか・・ (7/5)
もしかして (7/5)
南野陽子さんは・・ (7/5)
聖子さんや明菜さんは・・その2 (7/5)
聖子さんや明菜さんは・・・ (7/5)
eienさんへの返信 その2 (7/4)
eienさんへの返信 (7/4)


アーカイブ
2004年 (20)
7月 (20)


アクセスカウンタ
今日:15
昨日:11
累計:176,647


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2004年07月06日(Tue)▲ページの先頭へ
聖子さんや明菜さんは  3 説明

>トップの二人を、
一心不乱に凝視している若者達の目を、
新たに、それ以外の、
ぱっと出の名もなき新人に向けさすには
上の二人を超えるくらいの、
それ相当の、
よほど強力なインパクトが必要とされるでしょう。



おかしいではないか


二人で9億のシェア、残るは1億
この1億というのは、聖子にも明菜にも全く関心がない層だ
はなっから二人を
”一心不乱に凝視”なんかしてない。
だから、
多大なエネルギーを費やして
こっちを振り向かせる必要もないではないか?
普通にいけそうなんだが・・・


答え

10億というのは
何らかのアイドルに関心を持っているという、いわばアイドル市場。
選挙の隙間層、無関心層、浮動票とは訳がちがう。
若者でも、アイドル自体に関心がない人間は、市場に含めていない。




当然、聖子、明菜好きでなかったら
とっくに、既存の他のアイドルのファンになっているはず。
市場に三番手がいなかったら、誰のファンでもない
誰かを待望している層といえる。
しかし、あの二人に不満足というのだから
二人を超える、よほど強烈なインパクトがないと
すきになってくれない、わがままな層ともいえる
アイドルに対して一言いいたい、うるさい層
目の肥えた、面食いの贅沢な方たち、
あるいは聖子も明菜も、どっちも嫌いという
ものすごくマイナーな好みの方達であって
そうでなかったら、
とっくに、二人のファンになってしまっているだろうから・・



※前に言ったように、三番手以降は実質採算があわないのだから
赤字のアイドルである。
ある程度持続すれば資金回収できるが、
そうでない場合
赤字のまま消え行くアイドルともいえる)



また質問

聖子、明菜のインパクトとは関係なく
この、ひとことうるさい層”を綿密にリサーチして
開拓すればいいではないか・・



答え


二人のキャラにかぶらせることなく
違う路線でいけということか?・・・

たしかに、市場にだれひとり好みがいなく
自分の好みにあった、誰かしらの台頭を
待望している層。いわば潜在層といえるのだが・・
果たして食いこむのは容易かだろうか??



すでに聖子、明菜という素材が
市場にでているのだ。


そして


すでに聖子、明菜で
複数の、多くのキャラを占めてしまっているのだ。
いわば彼女達は、
オールラウンダーに近いものがあるのだ。

●曲そのものに惹かれる層(20%)
●不良っぽいのが好きな層(20%)
●ぶりっ子好き層(30%)
●皆がすきだというものを
 自分が好きになるというミーハー層(10%)
などなど・・(内はあくまで一例)

これらがあわさって90%になる。
(個人で複数のこのみがかぶっていることもあるので
厳密には足し算できないが)

いわばキャラの”占有”
残されたキャラは少ない。そして市場的な魅力も少ない
それは、二人が取りこぼしたエサ、
食い尽くしたエサであるから、当然おいしくない。
骨と皮くらいしかのこされていないというわけだ。


インパクトとはそういうことだ。
キャラも、市場そのものも、
占有されればされるほど、
後発組は選択肢が狭くなり、
市場に参入するのが魅力的でなくなる。


この二人のキャラではない独自路線を狙おうにも、
そのキャラ自体、残されていない。
この二人の持っているキャラをことごとく嫌う層をねらう
しかし、そんな”ひねくれた”層は、
ごく少数しか残されてはいない



八方ふさがり・・




そういうことだ



この二人とも嫌いで、
なおかつ、新しいアイドルに満足するという人間は
よほど開拓が難しい層である・・と



レベルとは無縁の、単なるシェア占有だけでなく
タレントのレベル的にみても、
突出したこの二人によって
市場参入の障壁が上昇してしまった・・・

いわば、採算ライン、合格ラインが
かさ上げされてしまった・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この二人でピンとこない人は
前のときと同じように
聖子、明菜を、
二人合わせて、アイドル写真集や、
若手ドラマヒロインのシェアの
大半を占有した”広末、深キョン”の二人


あるいは
二人合わせてCDセールスが一千万以上
つまり、”歌姫ポジション”の大半を占有した
”宇多田、倉木”の二人
そして、苦労する、
ポスト広末、ポストディーバと称された後続組
の対比

このように、
イメージをおきかえて読んでみると
なんとなくわかると思う。




解説おわり

2004年07月05日(Mon)▲ページの先頭へ
南野陽子さんは・・

あまり言い噂聞きませんね・・
どうしてでしょう・・


現在、ゲイバーでは・・



なわけないか、じゃあ、教室

ここで、かつて自分がいた
教室を思い浮かべてください
(これは、聖子明菜とちがい
私の年代は、ややリアルに近いです)

この頃、クラスの人間の大部分は
聖子明菜ほどとは行きませんが
南野さんのシェアが圧倒的であり
他は全くいないとまでは行きませんが
少数の中山派、工藤派が続いていました
(森高、浅香は少し後。

今思い出すと少し大げさかもしれない
もしかして、ダンゴ状態だったかもしれない

だけど、どっちにせよ
南野派が最大勢力だったことは
間違いなくいえていたと思う。)

以下は、聖子明菜時代とは少しスケールが小さくなるが
似たようなシチュエーションが続くわけです

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


時代は下って




深田さんや広末さんって・・・


教室なんですが・・
(この頃、私はとっくに卒業していましたので
状況は、よくわかりません。
やっぱり、聖子、明菜状態ですか?
矢田亜希子派、ともさか派、榎本派とかは、
やっぱり少数でした?
というか、いましたか?


その世代の、知り合いの話をきいてみると
なんか聖子、明菜状態に近いものがあったらしいので
一応、ここではそういうことにしておきます。

ですから、違ーう!といって、怒らないでください)



というわけで、
先の文章の、”聖子””明菜”のところを
”広末””深キョン”におきかえて読んでください

ゲイバーの話は、いいたとえが見つからないので
とばして読んでください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





時代は下らずに(といっても、一年ほど後)
今度は歌の世界にいってみましょう


宇多田さんや倉木さんって・・・


はい、
同じように、聖子明菜を置き換えて先の文章を・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、



いつの時代にも
おんなじことやってるんですね芸能界って




何でみんな気が付かないんでしょうか




主力のファン層が、若いというのもあるのかもしれません
中高生です。だから”前例”を知らない。
一番最近の”前例”があったときは、
まだ物心つかない小学生の時・・・

だから、懲りずに同じ戦略を使えるんですね。



少し知った上の世代だとしたら

”またこれかよ”と、
心の中で、三村風の突っ込みをいれて
少ししらけてしまうんですが・・

聖子さんや明菜さんは・・その2

>>損益分岐点を越えられる
(つまり売り出し費用をこえる利益を出すことのできる)
アイドルの座は最高でも、せいぜい二人。これ以上は必要ない。
というか、三番手以降は、採算が合わない。
実質、売出しは不可能だ。うーん困った




はて?どうしてそんなことがいえるんだ
不可能だなんていうなよ、カンタンにあきらめるなよ・・


デビュー費用が最低一千万
アイドル市場が十億
全員が採算+-ゼロだったら百人デビューできる。が、これは極端な話
聖子と明菜でシェア9億だったら、1億のこってる
残り全部が、採算+-ゼロだったら十人だけど、
一千万儲かるアイドルだったら、五人デビューできるじゃないか
もし採算ラインが三番手までだとしたら、
九千万の三番手が誕生するじゃないか
もし四番手まで許されるとしたら・・



そりゃ、上の二人にくらべりゃ、
こぢんまりとしたアイドルだろうけど
でも、一応は採算合うだろうが
三番手以降は採算合わないなんて
どうしてそんなことがいえるのだ。



というわけで証明


単純計算はこうですが・・でも実際は・・


デビュー費用、これは最低額です。

トップの二人を、一心不乱に凝視している若者達の目を、
新たに、それ以外の、ぱっと出の名もなき新人に向けさすには
上の二人を超えるくらいの、
それ相当の、よほど強力なインパクトが必要とされるでしょう。
(これは、人間心理がはいってきます。
あることに、夢中になっている子供を思い浮かべれば
なんとなく、感覚でわかるかと思います。)

レッスン、宣伝、学費、マネージャー代、交通費、私立高校費用
作詞作曲の費用など、必要最低経費一千万
とてもとても、それだけではおっつかないでしょう。
もっいい作曲家、もっといいレッスンの先生、あるいはふんだんな宣伝費を・・

つまり、
彼女達を押しのけて、シェアに食いこむ可能性は
上に居座る”独占組”のインパクトが強ければ強いほど困難になり
当然、上のインパクトの強さに比例して
これに要するコストも増大してくるというわけです。<1>

しかし、それだけではありません

独占組のインパクトが強い=
=残されたシェアが、少ないということでもあります。
強いインパクトとは、新規参入枠を狭めるほど強い力ということです

50%占有しているより、90%占有しているほうが、
インパクトが強い
=残ったシェアはそれに反比例して、少ない
しかし、%あたりの、シェア奪取のコストは、かえって増大している

ということで、新規参入の枠が狭まれば狭まるほど
コストが余計にかかるともいえるわけです。<2>




残された市場が狭いということは、うまみがないということ
うまみがなくなればなくなるほどコストがかかる
コストがかかるということは・・採算割れの危険性も高いということ
つまり、ますますうまみがなくなってくるわけです。

つまり<1>と<2>のあわせ技で
上が独占すれば独占するほど
残されたほうは、
二乗に比例して、加速度的に、うまみがなくなってくる・・

たとえシェアが一億残っていたとしても
要する経費は、最低でも一億以上・・そうすると無理ですね、

たとえ、経費が一億以下と見込まれても、
あたりまえですが、残りのものが
談合で一人だけ効率よくデビューさせるわけではなく
複数の人間が三番手を狙ってくるわけですから・・・


とすると、たとえ一億以下の経費でも
複数が、残る一億のシェアの分け合いとなってしまって
当然ながら、一人が奪えるシェアは一億以下、
もちろん経費割れもありえます





というわけで、聖子、明菜くらいの独占であったら
採算があう、三番手以下のアイドルを輩出することは
実質、不可能に近いわけです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<<<補足>>

”上”のほうも、下と同じく
シェア増大が
二乗に比例して加速度的にうまみがなくなってくれれば
限界効用にぶちあたって伸び悩んでくれる
”創業”も”守勢”も、1%あたりのシェア獲得コストは同じ
どっちも同じように苦労してんだな・・ということで
平等となり、上と下と均衡がとれて、ダイナミックな状況が
かもし出されていくはずなんですが・・・

単純計算ではなく、ここに人間心理がはいってくる。
・・大衆心理、人間行動学・・・
人間の行動には、勢いというものがありまして・・
対象は、アイドルを奉る心理状況、
そして、ましてや若者の行動であるわけで・・

ということで、実際には
すでに多くのシェアを持っているほうが、持たざるものよりも
1%あたりのシェア奪取コストは遥かに少なくて済むわけで・・
”上”が、圧倒的に有利ですな。
結局、他の業界パターンと、まるで同じです。


聖子さんや明菜さんは・・・

聖子さんや明菜さんは・・・


あまり言い噂きかれないですね
どうしてでしょうか・・・



現在、ゲイバーは、大部分が
聖子派、明菜派、どちらかの勢力に属していて
勢力も、完全に二分されているらしいです。
といっても、お互い極端に仲が悪いわけではなく、
よきライバル・・といった関係かもしれません。






ここでいえることは、ゲイバー業界は、
この二人のシェアが、圧倒的であるということです。
(他の勢力たとえば工藤静香派とかは、極小勢力、
あるいは、聖子、明菜派の一部として、
とりこまれているのかもしれません。
これは、よくわからないので類推です。
間違っていたらすみません。)


ここで、かつて自分がいた
教室を思い浮かべてください
といっても、私よりかなり上の年代の方が対象なんですが・・・・



この頃、クラスの人間の大部分は
聖子派、明菜派のどちらかで二分され
この二人が圧倒的なシェアを誇り
他はいませんでした。



つまり、今のゲイバーと同じ状況です。
このころに青春時代を送ったであろうゲイの方々が、
現在の、ゲイバー経営層、客層の主戦力を形成し
新宿二丁目で、全く同じ状況をつくりだしてしているわけです。




このゲイバーの状況、
あるいは、かつてあなたがいた、昭和50年代後半の、クラスの状況



これを、普通の人が見たらどう思うか・・・



他のタレント事務所は困っちゃうよ
つぶれちゃうよ。やってらんないだろうな・・・




年頃の若者達の支持が、この二人だけに集中していて
他が全く参入できないならば、
他の芸能事務所は、全くタレントを売り出すことができず
巨額の費用をかけて売り出したとしても、まったく売れることなく
ずるずると年を重ねていき、そしてひっそりと引退

あるいは、明らかにそうなると予想されるので
売り出し計画さえ見込むことができず、
上の二人がポシャるのを待ちながら
細々と、デビューの期をうかがう・・
がしかし、その気配は全く見られず
またもや、ずるずると好機をのがしたまま
適齢期をすぎて引退・・・

あるいは、
”あなたのタマでは
この二人のシェアの間に割って入ることなど不可能”
ということで、”君は悪くない、生まれた時代が悪かったんだ”
と諭して、デビューをあきらめさせ、
寂しくも、実家に送り返すこととなる・・



どんなパターンにせよ、いえることは


アイドル歴史至上では
そんなに低いレベルじゃなかったのに
多くのさなぎがさなぎのまんま、
一回も羽化することもなく
くすぶりつづけたまま、腐って死んでいく・・
上の二人さえ”蓋をして”いなかったら、
邪魔されずに羽開いて、飛びたてたかもしれないのに・・


ラオウとトキとケンシロウが、同時代に出てきたときに
北斗神拳の指導者が悩んだこと・・
”もしそれぞれが、それぞれ違う時代に生まれていたならば
各々が、偉大な継承者として語り継がれたはずだろうに・・
どうして、同じ時代に・・”
これとおなじことです。継承者は一人ですが


損益分岐点を越えられる(つまり売り出し費用をこえる利益を出すことのできる)
アイドルの座は最高でも、せいぜい二人。これ以上は必要ない。
というか、三番手以降は、採算が合わない。
実質、売出しは不可能だ。うーん困った




ということで、聖子、明菜以外の関係者は


”アイドルの売り出しは、どんなタマにせよ
一定額の、たくさんの費用がかかります。

ですから、はっきりいって商売になりません。
明菜さん、聖子さん、お願いですから
石でもなんでも、けっつまづいて
自らポシャっちゃってください・・・そうしないと商売あがったりです。
あるいは、乗ってた飛行機が墜落しちゃうとか・・”


そう思っていることでしょう。



石にけっつまずいて自滅の道
乗ってた飛行機が墜落しちゃう。

それを気長にまってても仕方ありません。
待っててもそんな状況がこないのなら
自ら、その状況を作り出すしかありません。



というわけで・・・もうおわかりですね。

聖子さんが石にけっつまずかないのなら
足元に石置いてケッつまずかせましょう
聖子さんがそれに気づいて石をよけたなら
草むらに見えないようにわなをしかけましょう
それでもわなにひっかからなのなら・・・




というわけで、聖子さんや明菜さんって
あまりいい噂きかれませんね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・